有無同然

『有無同然』という仏語があります。

無い人は無いことで、苦しむ。

有る人は有ることで、その維持や管理のために苦しむ、と

お釈迦様が仰言ったお言葉です。

 

私は現在35才。同期の友人で
いまだ独身という人はけっこう多いのですが、
「学生時代の友達とランチをすると、
 子連れで、あやしながら笑顔で
 子供と話している友達の姿を見ると、
 うらやましくなるんだよね。」
と言ってきます。
早く結婚したい、と
家庭生活にあこがれるんです。

それが結婚すると、
「あ~あ、独身の時はよかったなあ、こんな気を使わずにすんで・・」
今は家事に子育ての毎日で、自分の時間なんてない、
と独身時代に戻りたいと思う。

イラストレーターの益田ミリが描いた漫画
『ほしいものはなんですか?』の書評を、
小泉今日子さんが
読売新聞に書いていたのですが、
『有無同然』の仏説を知らされる内容でした。
以下は小泉今日子さんの書評です。

=======

「可愛らしいキャラクターと
 肩の力の抜けた優しい画風に油断していたら
 何度も痛いところを突かれてしまった。

 小学生のリナちゃんは
 いつも心の中でなにかを考えている。
 ときどき胸に湧いた疑問を大人達に投げ掛ける。
 “ママ、40歳は嫌なの?”

 専業主婦のミナ子さんは
 “夫と子供とそれなりに幸せに暮らしているけれど、
  このまましぼんでいくのかしら?”と、
  40歳の誕生日を素直に喜ぶことが出来ないでいる。
 ほしいものは【存在感】。

“タエちゃんは、なりたいものになれなかったの?”。
 子供の頃の夢が一つも叶っていない35歳独身OLのタエ子さんは、
 地道に働いてローンでマンションを買ったものの、
 “お嫁さんになる夢は叶ってもいいんだけど……”
 と呟いている。
 ほしいものは【保障】。

どちらの気持ちも痛いほどわかる。
子育てをしている友達と会っている時、
お互いに少し気を使って
会話を選ぶ瞬間がある。
ないものねだりと分かっていながら、
それぞれの環境を羨ましい、と思ってしまうこの感覚、
男の人には一生分からないんだろうな、と思う。

アラサーとかアラフォーとか
元気な言葉の響きで
自分たちを盛り上げているけれど、
それなりの悩みがあるのだ。

========

「隣の芝は青く見える」
ないものねだりの実体は
どこどこまでも続くようです。

=====================

いびきのうるさい夫と一緒ではとても寝れないと、
夫は2階に追いやったものの、
朝になり、夫が階段から降りてくる音を聞くと
ムカムカしてくるのです。
という先輩がいました。

夫と同じ部屋の空気も吸いたくない、と
言われます。

こんな方は珍しくありません。
どうしちゃったんでしょうか。
好きあって一緒になったはずなのに。。

またある人は
「結婚して、同じ空間にいるのも、
苦痛になったら嫌よね~、って
話したら、考えすぎという意見。
でも身近にあるし・・・そういうこと。
だから、慎重になりすぎて、
理想ばかりが高くなるのです。」

煩わしい思いをするくらいだったら、
結婚なんかしなくていいや、と
腹をくくるか。

それもまた、苦悩はやってきそうです。

35を過ぎた独身女性の
自虐的なツイッターをいくつか紹介。

▼職場じゃ、「さん」づけされる年齢となる。

▼時々かかって来るお母さんからの電話は
「彼氏はいないの?」から
最近は「ちゃんと貯金してる?」
に変わってくる。

▼「このまま結婚もせず
 子供も持たず
 おばあさんになるの?」

スーパーで夕食の買い物をしながら、
ふと考える。

▼「おひとり様の老後」という言葉に妙に反応してしまう

▼部屋で一人、テレビに話しかけるようになる

独身女性は、
結婚すれば重荷を下ろせる、と
焦っています。

既婚女性は、
離婚すれば重荷を下ろせるかも、と
思いつめています。

実は右肩の荷物を左肩に移し変えているだけなのです。

右肩の重荷が痛くなって、
えいっと左肩に移し変えた当初は、
少し楽になったような感じがしますが、
やがて今度は左肩が重くなっていくようなものです。

『有無同然』

有っても無くても苦しみは変わらない

とお釈迦様は喝破されました。

私たちは人生かけてこの真実を

自分の身の上をもって証明し、

「気付くのが遅かった。」と嘆いて

この世を去るのでしょう。

本当の幸福って何?
探求したくなります。

たった一度の「私の人生」